あなたが出来ること。。。命をつなげること。。。

命のためにあなたが必要とされている。。。

それだけであなたの命には価値がある。。。

世の中に必要のない命はない。。。

  みなさんの善意で骨髄バンクに登録して、白血病などの血液難病の患者さんの生きるチャンスを広げていきませんか?

 

骨髄バンク事業とは?

骨髄バンク事業は、国(=厚生労働省)主導のもと、骨髄移植推進財団が主体となり、日本赤十字社および地方自治体の協力により行われている公的事業です。骨髄バンク事業を推進する骨髄移植推進財団の設置に伴い、日本赤十字社は骨髄データセンターを設置し、都道府県・政令市・中核市・特別区は保健所を窓口として各々役割を定め協力体制をとっています。

骨髄バンク登録のながれ

各都道府県にある登録窓口にて登録手続き(登録時は2mLの採血のみ、登録所要時間約15分。もちろん登録無料)。血液をHLA型検査し(検査費用無料)、登録後骨髄移植を必要とする患者さんとのHLA型適合検索が定期的に行われ、適合した場合骨髄採取(骨髄採取費用無料)し、適合患者さんへの骨髄移植。

骨髄とは?

骨髄は硬い骨の内部に存在するスポンジ状の組織です。そこは骨髄液で満たされており、赤血球、白血球、血小板などの血液細胞のもとになる造血幹細胞が含まれています。

骨髄移植とは?

病気などの理由によって正常な造血が行われなくなった場合に、患者さんの骨髄を健康な人(ドナー)から提供された骨髄に置きかえて(実際は骨髄液を静脈から注入して)病気を根本的に治そうというのが骨髄移植です。つまり骨や臓器の移植ではなく骨髄液の移植のことです。太い神経があるせき髄に針を刺すことではありません。

骨髄移植が大将になるおもな病気

白血病。。。。。。。。血液をつくる細胞の異常でがん化した血液細胞だけが増え、正常な血液がつくられなくなる病気。

再生不良性貧血。。。血液をつくる細胞の機能が低下し、血液成分が極端に少なくなる病気。

このほか、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、先天性免疫不全症・代謝異常などがあります。

骨髄バンクの現状(平成18年5月末現在)

登録者数。。。。24万8340人   移植数。。。。7388例

現在骨髄移植が必要とされる患者さん約80%に適合するドナー登録者を見出すためには、約30万人の登録者が必要とされています。

以上簡単に説明しましたが、実際はもっと細かい規定・制限等があるので一度「骨髄移植推進財団」のHPに行って見てください!!

同じ人間同士、助け合いながら生きていきましょう!!是非みなさんもドナー登録にご協力ください!!

 

 

  | information | profile | request | schedule | goods | biography | Private room | BBS | link | mail |