気が付けば誰も居なくなってたこの道 

聞こえるのは遠くでわめく負け犬の遠吠え

多分傷だらけ灯りさえないこの道 

いつまでどこまで続くかわかりゃしないけど

 

雨に打たれても風に吹かれても 

それを恵みと謡って生きて行きたい

いつか俺にも花が咲くだろう 

真っ赤な向日葵が

 

Go way...

 

いつか俺が歩くこの道に光が訪れたなら 

それはそれはきっとド派手な光だろう

向日葵の様な優しい光だろう

 

雨に打たれても風に吹かれても 

それさえも恵みと謡ってた君よ

引き抜かれても切り刻まれても 

君は最後まで空を見上げてたっけな

 

Go way...

Go way...

 

真っ赤な向日葵...

向日葵 

 

BACK