部屋の片隅で疲れきったまま AH 今日も何もすくえず

せつなさが指の間を すり抜けていく

この手を見つめて 何もない手のひらじゃ 力はないけど

それを握れば 明日に立ち向かうことが出来る

誰も気づかない事でも どんな小さな事でも

出来る事からはじめれば ひとつひとつ見えてくるはずさ

 

路に咲く花のように 強く咲きたい すべてを照らす 太陽の日差しを体にあびて

路に咲く花のように 強く咲きたい 春夏秋冬耐えて ひとりひとりが花でありたい

 

孤独を感じて家を飛び出した AH 今日も何処へ行こうか

あてもないまま 冷たい風にふかれてる

ふと気が付くと 愛する人の顔を浮かべる自分がいた

何故だかわからず 涙が溢れていた 

失う恐さを知ることで 人は強くなれる

愛する事からはじめれば ひとつひとつ見えてくるはずさ

 

路に咲く花のように 強く咲きたい すべてを照らす 太陽の日差しを体にあびて

路に咲く花のように 強く咲きたい 春夏秋冬耐えて ひとりひとりが花でありたい

 

誰も気づかない事でも どんな小さな事でも

出来る事からはじめれば ひとつひとつ見えてくるはずさ

 

路に咲く花のように 強く咲きたい すべてを照らす 太陽の日差しを体にあびて

路に咲く花のように 強く咲きたい 春夏秋冬耐えて ひとりひとりが花でありたい

 

BACK